プロジェクター

高負荷にも耐えうる照明コンポーネンツ

デジタルプロジェクションシステムは、約 3000 ANSI の光出力を保証する高パワープロジェクションアークランプを使用しており、非常に高温となります。 ランプの石英バルブの温度は 1,100℃ 以上に達しするため、リフレクターは、損傷することなくこの高温に耐えるものでなければなりません。

一般照明に使用されている通常のガラスリフレクターは、この用途には適しません。 点灯と不点灯時の温度差は 350℃ ~ 400℃ になり、ガラスリフレクターにとっては非常に厳しい環境となります。このことから、高い耐熱特性のホウケイ酸ガラス製リフレクターが、440W までのランプのシステムに使用されています。 

アウアーライティングは、更に厳しい環境下でも安全に使用できる、高い耐熱性と熱衝撃性を兼ね備えた特殊ガラスセラミック製リフレクターもご提供します。

PICVD コーティング

リフレクターに蒸着するアウアーライティングが特許を取得したPICVDコーティングは、ランプメーカと連携して、ランプの用途や仕様に応じた膜設計を提案します。

特性

  • お客様の仕様に応じた形状を提供します。
  • お客様の仕様に応じた膜設計を提供致します。
  • 高反射率
  • 高温耐熱性
  • ハードコーティング
  • どんな用途でも、寿命期間内でのカラーシフトはありません。

 

特殊な設計のリフレクターを検討される場合はご連絡下さい。 アウアーライティングの幅広い標準製品群から詳細な情報を提供・ご提案します。